さがねごと

大阪KJWにて家づくりに携わる建築士、さがねこうきの考え事や独り言、をしたためます。 、、、時には寝言や戯言も。

植栽。

はい、こんばんは。

今日は午前中古民家の現地調査に行ってきました。

気候のせいか、動いていたからか、あまり寒さを感じませんでした。

徐々に暖かくなってきたのかなぁ。

 

さて、会社に戻ってからは、

京都のOBさんの外構計画を進めるべく、植栽の検討をしていました。

 

昨日の照明のときにも色々書かせていただきましたが、

これまた植栽も色々と悩めるものです。

 

常緑樹か落葉樹か針葉樹か。

日なた向きなのか日陰でもいけるのか。

高木か低木か下草か。

どれくらい成長するのか、実がなるのか。

どんなイメージの庭にするのか。

 

などなど、検討することが盛りだくさんです。

経験上だけではどうしても提案の幅が狭くなるので、

経験で補えない部分は、経験者の意見や本を参考にするわけです。

 

f:id:kjw-tenya:20130227235811j:plain

 

こんな感じの色々な書籍があります。

読めば読むほど、情報を知れば知るほど悩ましさは増したりしますが、

読まないと駄目なんですよね、経験値を補うためには。

 

写真の一番手前(右下)にある書籍、

「緑化樹木ガイドブック(ポケット版)」

は、500ページにもわたる分厚い書籍です。

「ポケット版」と冠していても、500ページ。

それだけ植栽の情報って大量にあるんでしょうね、、、

 

、、、無論、この書籍、普通のポケットには入りません。

 

ほんと、建築の世界は色々と学ぶ必要があります。

その分尽きることのない楽しみにもなるわけですが。

日々の業務の中で、一つ一つ積み上げていかねば!