読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがねごと

大阪KJWにて家づくりに携わる建築士、さがねこうきの考え事や独り言、をしたためます。 、、、時には寝言や戯言も。

配筋検査→施主検査。

はい、こんばんは。さがねです。

 

今日もええ天気でしたね。ちょっとかすんでましたけど。

「春霞(はるがすみ)」という言葉もあるくらいなので、

春は昔から霞みやすい季節なのかな、と思いますが、

ここ最近のかすみは、お隣の国からの贈り物?と思ってしまい、

風情が感じられず何だか残念ですね。

 

今日はお昼前後に配筋検査の為に和泉に行き、

それから京都の物件の竣工前の施主検査に行ってきました。

南へ東へと、移動できるのは高速道路様様です。

 

和泉では、ちょうどお施主さんが現場にお見えになられ、

少しの時間でしたが色々とお話をさせてもらいました。

和泉の物件では、僕は黒子に回っていて

直接打合せでお話をさせてもらっていないので、

少しの時間でも、お客さんの雰囲気が感じられて良かったです。

 

写真は、配筋検査の資格を持つ弊社山口の姿です。

f:id:kjw-tenya:20130323205327j:plain

、、、ちょっと小さいですが。

 

そして、夕方前に伺った京都では、

竣工前の施主検査とあわせ、お施主さんによる蜜蝋ワックス塗も行われていました。

「施主検査」では、お引渡し前に建物の色んなところをご覧いただき、

キズや汚れ、施主様の気になるところをご指摘いただく場です。

ご指摘いただいたものは、お引渡しまでに直していくようにする、といった流れになります。

「蜜蝋ワックス塗り」は、建具や家具、床などに蜜蝋ワックスを塗る工程です。

業者さんにお願いするときもありますし、

今回のように、お施主さんに頑張っていただくこともあります。

 

写真は、弊社松本が蜜蝋ワックスを塗っている姿です。

f:id:kjw-tenya:20130323210042j:plain 

、、、他の写真はお施主さんのお顔が見えそうなものだったので、

松本の後姿を掲載しました。 、、、もちろん、松本の了承は得ていませんが。

 

、、、と、工事着工すぐの基礎の確認と、竣工お引渡し前の工程と、

を同日で体感した胸いっぱいな一日でした。