さがねごと

大阪KJWにて家づくりに携わる建築士、さがねこうきの考え事や独り言、をしたためます。 、、、時には寝言や戯言も。

さくらさくら。

はい、こんばんは。さがねです。

 

ここ最近、そこかしこで桜が咲いていますね。

現場近くでも桜を見かけると、どうしても写真を撮ってしまいます。

 

f:id:kjw-tenya:20130405233007j:plain

 

f:id:kjw-tenya:20130405233014j:plain

 

 

こうやって満開の桜を見ると何か力をもらえるような、そんな気がします。

この季節、桜の花を見ると本当に心が晴れやかになりますね。

そんな気持ちの中に感じる、すぐに散ってしまうことへの切なさ。

この少しの憂う気持ちが、今を生きることの大切さを感じることに

つながるような気がします。

 

 

f:id:kjw-tenya:20130405233019j:plain

 

話は違いますけど、こうやってちょうちんがあるだけで、

「まつり!」というように感じるのは日本人だからなんでしょうね。

この「ちょうちん」に囲まれた空間があるだけで、

ハレ空間を如実に表せる、ってすごいなぁ、と何となく感心。

 

無論、むかしは照明として場を照らすためにぶら下げられていたわけですけど、

現代では、ちょうちんの伝統的なフォルムが、まつりとして認識させてるんでしょうね。

 

、、、何だか明日は天気が悪いそうなので、

お花見は今日までだったのかな。

 

しまったなぁ、、、また来年か。