読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがねごと

大阪KJWにて家づくりに携わる建築士、さがねこうきの考え事や独り言、をしたためます。 、、、時には寝言や戯言も。

薪ストーブ設置。

はい、こんにちは。さがねです。

 

金曜日は朝から夕方まで、有馬の薪ストーブ設置工事のお手伝いをしていました。

ネスターマーティンという薪ストーブの設置は、今のところKJスタッフが主導で

行っていくことになったので徴集された感じです。

 

こんな感じでストーブのパーツを建物内に運び入れ、 

f:id:kjw-tenya:20130630155933j:plain

 

2階から上班と1階班に分かれ、 

煙突を支えるブラケットを取り付け、、、

f:id:kjw-tenya:20130630160035j:plain

 

、、、と、これ以降、作業に熱中していて僕はあまり撮っておらず、

作業途中の写真はありません、、、

 

流れとしては、

 ○2階から上の煙突を支持するブラケットを小屋梁の高さで設置。

 ○屋根上の煙突を設置。

 ○フラッシング(煙突の付け根にある屋根の開口を覆い隠すカバー)を設置。

 ○屋根の上に伸びた煙突に化粧筒をはめる。

 ○煙突のトップを取り付ける。

、、、と、そんな流れで作業を行うと、屋根上はこのような形で仕上がります。

f:id:kjw-tenya:20130630160306j:plain

 

で、ちなみに1階では、

 ○薪ストーブを設置する位置に鉄板などを敷く。

 ○2階床に煙突を支持するブラケットを取り付ける。

 ○薪ストーブの背面にバックガードを取り付けるなど周辺部材を取り付ける。

 ○薪ストーブを移動、セッティング。

 ○煙突を取り付ける。

 ○2階の煙突と1階からの煙突をつなぎ合わせる。

、、、という流れの結果、

f:id:kjw-tenya:20130630161203j:plain

、、、このような感じに仕上がります。

 

、、、時間を短縮する料理番組のような書き方で恐縮ですが、

薪ストーブの設置はこんな流れです。

 

、、、と、書くは易く、行うは難し、ですね。

 

薪ストーブのみならず、頭で理解し体で覚える、その積み重ねをコツコツしていき、

色々なことに精通した歌って踊れる建築士にならないと!