読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがねごと

大阪KJWにて家づくりに携わる建築士、さがねこうきの考え事や独り言、をしたためます。 、、、時には寝言や戯言も。

勉強、勉強。(ライフオーガナイザー/監理)

はい、こんばんは。さがねです。

 

今日は風が強い一日でした。もあーっとした空気が

体にぶつかっていつもと違う形で体力が奪われて、、、な日でした。

 

そんな今日、実は日中ずっと勉強、勉強でした。

 

午前中には、「収納の巣」の宇野さんが「ライフオーガナイザー」という

立場で話される、収納についてのお話を聞きに行きました。

f:id:kjw-tenya:20130718204442j:plain

「ライフオーガナイザー」って、僕はあまり聞いたことがなかったのですが、

家の中の物をいかに納めるか、の収納術、という話よりも、

より俯瞰してその人その人の考えや思いから整えていき、

生活の中で取り巻く「物、こと」との関係で生じるストレスを減らしていく、という

ような考えの下、その手法として「収納」も利用していく、、、、と、いうようなことを

されているお立場だそうです。

 

住まいを「うつわ」とするならば、その中での住まい手さんの生活が「お料理」。

その盛り付け方をどのように良くしていくの?、というところでお悩みの方に

ヒントをくれる存在なのかもしれませんね。

 

普段とは違う切り口で収納について考えることは、自分にとってよい経験でした。

 

そして、午後からは全く違う、建築士会が開催する建築技術講習会へ行ってきました。

f:id:kjw-tenya:20130718205025j:plain

今回のテーマは「監理」。

工事が始まってから、現場が図面の通りに進んでいるのか、

を確認する業務のことを「監理」と言います。

その「監理」についての知識を増やすためのものでした。

今回は特に大型物件や鉄筋コンクリート造、鉄骨造に関わる内容で、

普段関わらせてもらっている木の家づくりの中ではあまり縁のない話なわけですが、

建築士として潤しておかなければいけない知識だ、と思い、

目をかっぽじって(←誤)、受講してきました。

正直、脳が活性化した気がします。

 

脳は、人生に必要ないと判断した記憶は捨てていくらしく、

普段使っていない分野のことは、やっぱり抜けて落ちているような

感覚があるので、シナプスが切れないようにしないと、と痛感しました。

今後も頭を錆びさせないようにバリバリ勉強します!

 

、、、文章長いな、、、