読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがねごと

大阪KJWにて家づくりに携わる建築士、さがねこうきの考え事や独り言、をしたためます。 、、、時には寝言や戯言も。

実家。

はい、こんにちは。さがねです。

 

今、引き続き帰省中です。

 

普段、頻繁に帰省できていないこともあり、

帰省した時には父母と長い時間会話をします。

ここ最近の自分近辺、実家近辺の話や将来のこと、

時事ネタも含め色々な話題について父母と話します。

 

そんな色々な話の中、昨晩は特に実家のことについて長時間話し合いました。

 

f:id:kjw-tenya:20130816100923j:plain

 

うちの実家には、茅葺屋根に鉄板を貼った田の字プランの母屋が残っています。

築100年経つとか経たないとか、そんな古民家です。

それを直すのか、取り壊すのか、何ができるのか、などなど、

父母の思いや設計に携わる息子の考えを交わらせ、

どうしていくのか、などを話し合いました。

 

ただ、こういう話題はすぐに決まるものでもないので、

時間をかけて父母の思いを整えながら、より良い形にしていけたらなぁ、と。

 

この実家を触ることは僕にとっても

昔からの課題であり夢であり使命だと考えています。

 

家づくりの前の合意形成は難しくもありますが、

家や暮らしに対する思いを共有できる楽しい過程ですね。

きちんと楽しもうと思います。