読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがねごと

大阪KJWにて家づくりに携わる建築士、さがねこうきの考え事や独り言、をしたためます。 、、、時には寝言や戯言も。

PCB。

はい、こんばんは。さがねです。

メリークリスマスです。

 

さて、まったく季節感関係ない話を書きますと。

ここ最近、PCBというものについてよく調べています。

 

PCBとは、「ポリ塩化ビフェニル」という化学的にとても安定した物質です。

そして電気を絶縁する性質を持っているので、

高圧電気を受電し変圧して使えるようにする設備「キュービクル」という設備の

中にある変圧器(トランス)や蓄電器(コンデンサ)で使われていました。

ところがその物質、安定しすぎているのか、自然界では分解されず、

人体にも有害で、脂肪に溶けて体内に蓄積されてしまう、という厄介な物質なのです。

そんな物質なので、現在では使うことが禁止されています。

 

昭和の時代に作られた変圧器などには使われていることが多いのですが、

それをなぜ調べているか、というと、

計画中の敷地内に昭和時代のキュービクルがあり、

その設備を撤去したうえで計画を進める必要があるからです。

 

今までこういう話に出会ったことがなかったので、

電気屋さんや関電さんたちなどに色々と聞きながら

一つ一つ勉強しながら進めています。

 

処分するにも費用が高くつくようですし、

なかなか悩ましいお話です、、、