さがねごと

大阪KJWにて家づくりに携わる建築士、さがねこうきの考え事や独り言、をしたためます。 、、、時には寝言や戯言も。

3月11日。

はい、こんにちは。さがねです。

 

昨日は東日本大震災が起きた日でした。

僕は被災地に直接伺ったことはなく、

テレビやネットから流れてくる情報を見聞きしているわけですが、

あの日の映像、写真に強い衝撃を感じ、悲しみや不安感など、

 

どう言葉にすればいいのか整理のつかない感情・思いがこみ上げてきました。

 

あの日から3年。

自分の人生も転機を迎えたりもしましたが、

日々の生活のスピードに追われる中であっという間に経ってしまいました。

 

いざという時の準備、心掛けなど気をつけなければ、と

強く思っていたことが、日に日に薄れてしまい、

結局自分の身の回りを整えることすら出来ていません。

恥ずかしながら、水のストックを用意しておく程度のことしかしていません。

 

自分の身の回りのこともありますが、

自分が建築に携わる人間としてできること、つまりは

日常の業務の中で「安全な建物を計画する」ことができるので、

地震への備えの為にも、日々の業務を怠ることなくきちんと行なっていきます。

そして緊急時には被災した建物がまだ使えるのかどうか、を判断する人間が

必要になるので、来年度に実施される「被災建築物の応急危険度判定」の講習を

受けようと思います。

 

また近いうちに南海大地震の可能性も叫ばれていますし、 気を引き締めていきます。